未経験から始める介護士ナビ

介護士ナビの管理人も未経験のまま介護の仕事を始めました。そして現在は10年ほどこの業界での仕事を継続しており、その経験を「未経験だけど介護の仕事に就きたい人」に役立ててもらうために当サイトを運営しております。介護施設ごとの仕事内容の違いや介護士として高めていくべき能力、実際に転職活動をする際に気を付けるべきことなどを情報発信していますので、介護の仕事に興味のある方はぜひ参考にしてください。

ピックアップ

2017/06/01

表情に気を付けて話しましょう

まずは介護士を理解しましょう!

未経験から介護の仕事を行うためにまずは介護士の仕事内容をきちんと理解しましょう。一口に介護士と言ってもその仕事内容は働く施設の形態によって大きく異なります。施設には大きく分けて入所型と通所型、それに訪問型もあるのでその違いを理解すると良いでしょう。また入所型の施設で働く場合、介護士の仕事には夜勤が発生することもあるのでその点にも注意が必要です。また今後のご自身のファイナンシャルプランニングのためにも介護士の給料についてもきちんと理解をしておきましょう。

詳しく

コミュニケーション能力が必須になります!

未経験の方でも介護士として活躍していくことは可能です。ただそのためには介護の専門知識を学習することに加えて、介護サービス利用者と適切な関係を築くためのコミュニケーション能力も磨いていきましょう。まず自分の事を開示した上で適切な質問を行い、相手からきちんと情報を引き出すスキルが大切です。その他に言葉の伝え方や表情には注意しましょう。また目線や視線を相手に合わせることもとても大切です。相手の話を聞くときは傾聴の姿勢を示しましょう。

詳しく

介護士として働きましょう!

介護士として働くためには介護士の求人を出している施設を見つけなければなりません。求人情報の探し方にはハローワークの利用や求人広告の利用など様々な方法がありますが、専門の担当者がついてサポートをしてくれる求人サイトの利用が一番おすすめです。なお、転職活動の際には転職先がコンプライアンスをしっかりと守ってくれる職場かどうかは注意してください。また介護の仕事で長く活躍をしていくために資格についても理解を深めましょう。

詳しく

よく読まれています!

良い職場を見極めましょう
良い職場を見極めましょう

介護の世界には残念ながらまだまだ雇用体制に関するコンプライアンスが守られていない職場が存在します。そのような職場に万が一つかまってしまえば大切な時間を浪費することに繋がりかねません。そのような事を避けるためにも事前に転職先候補の職場をよくリサーチし、本当に良い職場なのかどうか見極める必要があります。

給料はばらつきがあります